ゲシェル、Anzu Virtual RealityLtdと業務提携に関して

2019.02.19 Bridge stories “case studies and report “

先日プレスリリースをだした、イスラエルアドテクノロジーカンパニーanzu社と
協業し、日本進出を開始いたしました。
anzuは自社独自で開発したSSP(サプライサイドプラットフォーム)を利用し、
VR/ARゲーム、大手PCゲームプラットフォームやアプリゲーム内、家庭用ゲーム
内(PS4、Xbox)に広告掲載面を制作することで、広告出稿が可能となり、
位置情報を利用することで、eSportsやゲームイベント時に利用することができます。

従来からあるゲーム内純広告と異なり、細かなターゲティング設定(年齢、場所、興
味関心、ゲーム、言語等)が行え、CPMで入札を行います。
今後はCPCも検討はしますが、ターゲットがブラント企業様なため、
直近ではあまり考えておりません。

また多くの広告フォーマットに対応しており、バナー、動画、テキスト、会社ロゴ等
を利用して配信が可能となります。すでに、欧米では多くの実績と評価をうけてお
りAppNexusのイベントで優秀なプロダクトとしても紹介されております。
ブランドセーフティや広告のビューアビリティー(ユーザー実視聴)にも対応し
、詳細なレポートも共有が可能となります。
現在、日本国内においても大手ゲーム会社を中心にパブリッシャー開拓も行ってお
り、随時掲載面が増加している状況です。anzuがつくる広告掲載個所はユーザーのストレス
にならないような位置で出稿されるため、「広告っぽさ」が無くゲームタイトルから
ユーザーが離れることは予測しにくいと考えます。
(弊社の考えはユーザーから評価される可能性が高いと思ってます)

また、ゲーム内に特別インタラクティブコンテンツを
制作することも可能です。広告費用とは別途見積もりになってしまいますが、
ゲーム内でやってみたいことを相談いただければ
パブリッシャーと話し合い、なるべく要望にそったプランで提案させていただきます。

イメージとしては、昨今流行っているデジタルサイネージにおける
ゲーム以内出稿と思っていただけるとわかりやすいと思います!
また、まだまだ日本国内における提携ゲーム会社様を募集しておりますので、
広告主様に限らずゲームパブリッシャー様もご興味がありましたら、
お問い合わせください。
ぜひ、皆様のお問い合わせをお待ちしております。

問い合わせ先:yohei-harada@gesher.co.jp
担当:原田洋平

Video link
(広告出稿イメージ)

(商品説明)

Why Anzu? / Unique Sales Points:
1.Full targeting abilities (age, gender, location, language)
2.Real-time brand safety and viewability measurement – more strict impression count logic than IAB & MRC guidelines
3.Available through DSPs or as managed service on our platform – no integration required, zero lead time